優れたコストパフォーマンス クラウド型診療予約システム「スマイリーリザーブ」

初期費用を抑えられている秘密

 最近の診療予約システムの多くが初期費用と月額利用料の価格構成になっています。月額利用料は、スマイリーリザーブを含めて、それほど大きな価格差はありません。

 しかし初期費用は、サービスにより大きな差があります。価格を比較いただければお分かりいただけると思いますが、スマイリーリザーブの初期費用は、機能から考えて大変リーズナブルになっております。そのため、たまにそんなに安くて大丈夫なのかというご質問を受けます。低価格に抑えられている理由があります。

理由1. インターネットから予約受付だけに特化
 診療予約システムには、携帯電話やパソコンのインターネット回線からの予約受付だけでなく、電話の自動音声による予約受付するものもあります。確かに携帯電話やパソコンでのインターネットの扱いの慣れていないような方、特に年配の方、を考慮すれば電話での自動受付は便利なものです。
 弊社も検討いたしましたが、ある先生から聞いた話でインターネットからの予約受付一本で行こうと決心しました。その話は、電話での自動受付を入れても、結局年配の方は直接窓口に電話がかかってくることが多いということでした。電話での予約受付をやめることにより、必要な周辺機器も不要ですし、電話予約受付に対応するための開発コストも不要なのでその分初期費用を安くすることが出来ます。

理由2. 付属設備無し
 診療予約システムと連動して院内に順番を表示するモニター、院内操作できるタッチパネルや発券機が含まれるサービスもあります。 あれば便利なものかもしれませんが予約システムの基本は、院内に滞在させないことなのでスマイリーリザーブは、院内の滞在を補助するものをコンセプトから外しました。
 そのためスマイリーリザーブを利用するための機器は、ご契約者様にご用意いただくインターネットが利用できるパソコンが必要なだけです。これにより理由1と同じように周辺機器と対応するための開発コストが不要になりましたので初期費用を抑えることが出来ました。

理由3. 開発の効率化
 弊社の開発者は、長年インターネットを利用するサービスの開発に従事してきました。その蓄積されたノウハウを生かしてスマイリーリザーブを開発いたしました。様々な技術の中から効率的に開発できる技術を選択して開発に取り入れてきたため開発期間の短縮を実現することが出来ました。これにより当然開発コストが抑えられましたので初期費用に反映しております。

スマイリーリザーブの初期費用の安さは、上記のような理由により実現されております。決して安かろう悪かろうでは、ございません。ぜひ、オンラインデモをお試しください。

«サポートにお問い合わせのある質問 | カテゴリートップ | 出張費用に関して »