優れたコストパフォーマンス クラウド型診療予約システム「スマイリーリザーブ」

開発情報

患者様による予約取消を制限できるようになりました。

・予約キャンセル制限
予約種別の設定で患者様による予約取消を制限できるようになりました。順番予約の場合は、予約取消の可否、時間予約の場合は、可否に加えて予約取消が行えるタイミングを設定することができます。

入荷数が限られ、保存が難しいコロナワクチン接種の予約で直近のキャンセルは、ワクチンが無駄になってしまいます。キャンセルの期限を制限することで、キャンセル率を下げたり、期限を設定することでクリニック側でフォローできるようになります。

予約データをCSV形式で出力できるようになりました。

・CSV出力
予約検索機能で検索した情報をCSV形式で出力できるようになりました。コロナワクチンやインフルエンザワクチンの予約分析やエクセルに出力して加工することができます。

単位人数(予約可能数)が曜日や時間帯(例 午前/午後)、また特定の日付ごとに変更できるようになりました。

スマイリーリザーブは、2通りの方法でWEB問診サービスと連携ができます。


・標準機能
スマイリーリザーブでは、標準機能で予約完了画面にWEB問診サービスへのリンクを設定することができます。予約完了から問診登録までを促し、WEB問診の利用度を上げます。


・オプション機能
WEB問診サービス SymViewとメルプに対しては、WEB問診連携オプションを利用することで標準機能より、さらに利便性を高めることができます。
患者様情報の連携やWEB問診の入力確認などが連携することにより行えます。

詳しくは、
SymView連携オプション」と「メルプ連携オプション」をご覧ください。

シィ・エム・エス様の電子カルテ「Doctor's Desktop」と診療予約システム スマイリーリザーブが連携できるようになりました。


詳しくは「電子カルテ・レセコン連携オプション」をご覧ください。

スマイリーリザーブの電子カルテ・レセコン連携オプションが、日本医師会ORCA管理機構様のORCAと患者様情報と受付情報に加えて完了情報も連携できるようになりました。

この連携により、ORCA側で会計処理がされるとスマイリーリザーブの予約も自動的に完了します。
運用上の負担軽減につながります。

詳しくは「電子カルテ・レセコン連携オプション」をご覧ください。

東芝メディカルシステムズ様の電子カルテ「TOSMEC Aventy」と診療予約システム スマイリーリザーブが連携できるようになりました。


詳しくは「電子カルテ・レセコン連携オプション」をご覧ください。

レシートプリンター連携オプションに新たに対応レシートプリンターが加わりました。
2つのレシートプリンターの違いですが、院内で有線LANを確保するのが難しくWi-Fi環境での利用を考えるならエプソン製のレシートプリンターになります。
有線LANが利用できて、コストを抑えたい場合は、スター精密製のレシートプリンターがおすすめです。
レシートプリンター連携オプションについてはこちら →レシートプリンター連携オプション

  • ログイン無しでの予約状況確認機能追加

    アカウントがない患者様でも予約の混雑状況が確認できるようにログインしないでも予約状況を確認できる機能を追加しました。


  • 受付番号による順番確認(順番予約)

    アカウントがない患者様でも予約の受付番号が分かれば、自分の順番まであとどのくらいなのかわかる機能を追加しました。

  • 順番予約の院内表示追加

    順番予約の院内表示に新たに1パターン追加しました。
    新たに追加された院内表示は、現在診察中の受付番号のみを表示しますので、順番の前後が多い場合の配慮になります。
    院内表示についてはこちら →院内表示機能

1  2  3  4  5