優れたコストパフォーマンス クラウド型診療予約システム「スマイリーリザーブ」

開発情報

レセプトのオンライン対応事情 その1では、レセコンのオンライン請求への対応ステップを書きました。

 そこで、まずレセコン自体のオンライン請求への対応ですが、これはメーカーによりまちまちです。メーカーの担当者が対応してくれるもの、利用者が自分でアップデートしなくてはならないもの別ツールを使用してデータを作成するものなどあります。

続きを読む

最近、レセコンのオンライン請求設定のサービスを始めました。そのため色々な医療機関の方とお話をする機会がありますが、まだ皆さん様子を見ているという感じいたします。

確かにレセコンのオンライン請求に反対する声や色々不確定な要素がありますが、レセコンのオンライン請求をサポートするサービスを始めて感じたことがあります。

続きを読む

インターネットや携帯電話による予約システム導入してもいくつかの予約に対しては、どうしてもスタッフの方々に対応していただくしかありません。その際にスタッフの方がすばやく予約をするのに便利な機能を紹介します。

続きを読む

最近の携帯電話の発展は、目を見張るものがあります。今では、携帯電話で路線検索、ニュース購読、携帯小説、オンラインショッピングなど様々ことができます。診療予約システムも例外ではありません。

続きを読む

診療予約システム スマイリーリザーブを開発するにあたり、小児科の先生方にいろいろ協力を得ました。その中で「予約キャンセルの連鎖」という実際に診療予約システムを使った先生ならではのお話をきけました。

続きを読む

診療予約システムである『スマイリーリザーブ』を開発するきっかけとなったのは、木のおもちゃの飛込みでの営業でした。

当時、私たちはスマイリーマムという会社を立ち上げて、木のおもちゃと英語の絵本をネット販売する『スマイリートイ』を運営し、はじめたばかりでした。

続きを読む
前の10件 1  2  3  4  5